フロアコーティングの種類について

フロアコーティングに使われるコーティング剤は多様な種類が存在し、それぞれ性能や仕上がり、施工費用などが異なります。
ウレタンコーティングとは20年前から存在する一般的なフロアコーティングで、耐久性は現在の主流のコーティング剤に及ばないものの、低コストで施工できるのが最大の特徴です。

自然素材を使った塗料なので安全性が高く、厚みがあるため摩擦に強く、ギラギラしない温もりあるツヤ感が出ます。

UVコーティングは耐久年数は20年以上と長持ちするのが特徴で、現在のフロアコーティングの中で最高品質の性能が魅力です。耐久性に優れるだけでなく、傷や摩擦、熱などあらゆるダメージから床をしっかり保護します。



メリットの多いフロアコーティングですが、施工費用も他のコーティングに比べて高いので注意しましょう。

シリコンコーティングは、アクリル樹脂にシリコン樹脂を加えた塗料で、耐久性はUVコーティングに劣るものの、総合的な性能バランスに優れます。

耐アンモニア性と撥水性は特に優れているので、台所や洗面所など、水回りのコーティングに向いています。

珍しい東京のエコカラット情報があれば全てが解決します。

基本的な性能は問題ありませんが、耐久年数はあまり長くはなく、7年か8年程度で再び施工し直す必要があります。
ツヤが抑えめで自然な風合いに仕上がるので、部屋の雰囲気が床によって左右されるのが嫌な場合におすすめです。

あなたの探していたGirls Channelはとにかくお勧めです。

フロアコーティングを施工した特有のピカピカした仕上がりが苦手な人は、選択肢に入れても良いでしょう。