フロアコーティングの方法の違いと床材への影響

フロアコーティングは本来床材を保護し汚れを付きにくくするためのものですが、床材との相性を考えないと思わぬ悪影響を床材に与えてしまうことになるので注意が必要です。


フロアコーティングの失敗で最も多いのが、これらの床材との相性を考えずに単に長持ちするという理由で選んでしまった結果と言われています。
これを避けるためには床材の性質とフロアコーティングの方法の違いをしっかりと認識し、床材に合った方法を選ぶことが床材を長持ちさせる秘訣と言えます。

特に注意したいのが、フローリングの床材の材質です。



一般的に木材の床の場合に避けなければいけないのが、ガラスコーティングやUVコーティングと言われる、表面が非常に硬くなるフロアコーティングです。

ロケットニュース24に関する情報満載のサイトです。

これらの方法の場合そのコーティング剤は成分が大きく膨張し硬化するため、木製の床材の間に入り込んでしまうと膨張時に床材を破壊してしまう恐れがあるのです。


その為床にヒビが入ったり、われを生じてしまったりすることが有るので注意が必要です。

東京のフロアコーティングの情報も多数ご用意しました。

特に無垢材の場合には水分を吸収しやすいので、その影響が大きくなってしまいます。

更にUVコーティングに於いては硬化する際に紫外線を照射するため、床材が日焼けしてしまうので注意が必要です。

フロアコーティングを行う際にはこのような床材に対する影響を十分に考慮して行わないと、本来の床を保護する目的を満たせないだけでなく逆に床を傷めてしまうことになるため注意が必要です。